すっぽん小町

すっぽん小町の効果

投稿日:

すっぽん小町の全成分について

すっぽん小町の全成分は以下のようになっています——

スッポン粉末、EPA含有精製魚油、グリセリン、ゼラチン、グリセリン脂肪酸エステル、ビタミンE、ミツロウ

ご覧のように、合成着色料、香料、防腐剤などは一切添加していません。体に負担をかけない成分ばかりなので、安心して毎日摂取できます。

スッポンの含有成分・コラーゲンについて

ドリンク、粉末、タブレット、ゼリー……。現在、ドラッグストア・薬局・大型バラエティーショップなどの実店舗、あるいはネットショップでは、数え切れないほどたくさんのコラーゲン商品が売られています。興味がなくても、ほとんどの人がそれらのパッケージを見かけたことがあるはずです。

ただ、コラーゲンとはどういうもので、何の役に立つのか、ハッキリと説明できる人は少ないでしょう——。

コラーゲンとはタンパク質の一種で、人体を構成する全てのタンパク質のうち約3分の1を占めています。つまり人体の構成成分として不可欠な物質です。

主な役割は3つあり、「細胞同士の結合」「組織のサポート」「外との境界線を形作ること」。

実は細胞と細胞の間には細胞外マトリックスというものが存在しており、外部の刺激から細胞を守る働きをしています。この細胞外マトリックスの主成分となっているのがコラーゲンです。

この細胞外マトリックスが多く存在しているのは、体の組織を支えながら結びつけている支持組織。つまり人体が形を保っているのは、まるで接着剤のようにコラーゲンが各パーツを結合しているからなのです。

体の組織を結びつける重要な成分ですから、血管、内臓、骨、軟骨など、全身の部位に分布していますが、皮膚に存在しているものが全体の40%を占めます。

皮膚の基礎組織である真皮層の70%はコラーゲンなのですから、肌にとってどれだけ重要かが分かるでしょう。

コラーゲンは真皮層においてまるで網の目のように存在し、しっかりと肌のハリと弾力を保っています。

ところが体の組織において不可欠なコラーゲンは、40歳を過ぎると急激にその生成量が減少していきます。

肌の中の細胞は、コラーゲンを生成しては分解する、という行為を繰り返しているのですが、年齢とともにその分解量が生成量より多くなってしまうのです。

それに加えて、コラーゲンそのものも老化の影響を受けます。

もともと他のタンパク質よりもコラーゲンは頑丈な構造をしていて、その寿命は数ヶ月から数年に及びます。しかし、長く体に存在しているうちに構造がもろくなり、肌のみずみずしさを保てなくなります。この現象が最近コスメの宣伝でよく使われる「糖化」といわれるものです。

こうなると、それまでキープできていた肌のハリ、弾力が失われ、シワやくぼみが目の周りに生じてきます。

それを防ぐためにコラーゲンを補給してやる必要があるのですが、コラーゲンにも色々な種類があります。動物性コラーゲン、海洋性コラーゲンなどが代表的なものですが、それらには「消化吸収されにくい」「熱に弱い」などの欠点があり、サプリメントに配合しても効果が弱くなってしまいます。

その点、スッポンに含まれているコラーゲンは加熱しても壊れにくく、吸収性も抜群。サプリメントに加えるコラーゲンとして最適です。

すっぽん小町にはそんなスッポンを粉末にしたものがたっぷりと配合されています。毎日摂取することでコラーゲンが補給され、肌のコンディションもしっかりと整ってきます。

-すっぽん小町

Copyright© 『本当に効いた!すっぽん小町の口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.