すっぽん小町

すっぽん小町の成分について

更新日:

すっぽん小町の配合成分はどんなもの?

すっぽん小町の配合成分はどんなもの?
「すっぽんを原料としたコラーゲンサプリ」といえば、何といっても有名なのが雑誌などの広告でもお馴染みのすっぽん小町です。
コラーゲンが美肌に大事だってことは分かるのですが、よくよく考えてみると美肌に必要とされる成分はコラーゲンに限りません。すっぽん小町ってそれ以外の成分に気を配っているんでしょうか? 気になりますよねえ……。
というわけで、そんな「すっぽん小町」の成分について、実物を手にしながらチェックしてみました。

そこで早速、購入してあったすっぽん小町の袋を取り出してみます。パッケージの裏面をよく見ると、さすがにサプリだけに成分表示がキッチリ載っていました。

折角なので、分かりやすくお伝えするためすべての成分表示を書き出してみました。よくご覧になってください。

・すっぽん小町1袋あたりの内容量(21.7g:350mg×62粒(約1ヶ月分))

(原材料)スッポン粉末、EPA含有精製魚油、グリセリン、ゼラチン、グリセリン脂肪酸エステル、ビタミンE、ミツロウ

栄養成分

エネルギー 128.7kcal
マグネシウム 4.9mg
たんぱく質 8.6g
脂質 9.6g
亜鉛 0.3mg
炭水化物 1.8g
鉄 0.7mg
ビタミンE 209.4mg
ナトリウム 18mg
ビタミンD 8.7IU
リン 127.7mg
カルシウム 288.6mg
EPA 1.83g
DHA 0.8g

あいにくパッケージへの表示はされていないのですが、1袋あたり(62粒)のコラーゲンをチェックしたところ、約8,308mgとのこと。つまり1粒当たり、約134mg入っているわけです。
すっぽん小町の摂取量の目安は1日当たり2粒となっていますから、これだと1日にコラーゲンを268mgも摂ることになります。

改めてすっぽん小町の成分を調べてみると、コラーゲンはもちろん、肌に効果のある成分がバランスよく入っていることがわかります。特に、EPAやDHAなどの脂肪酸(コラーゲンなどの栄養を全身に効率よく運んでくれる)もしっかり配合。これはすっぽんが原材料になっている強みでしょう。これほど優れたサプリなら、美容の専門家まで注目するのも当然です。

すっぽん小町は7つの原材料によって作られている

すっぽん小町には、配合成分としてすっぽん粉末が入っています。これは文字通りすっぽんを特殊な乾燥法を使って粉末にしたもの。すっぽんは昔から栄養豊富な食材として有名で、コラーゲンとアミノ酸がたっぷりと含まれています。

また、EPA含有精製魚油も重要な配合成分。これは青魚などに含まれているオメガ3不飽和脂肪酸で、血液をサラサラにしてくれます。

他には、カプセルに使われているゼラチン。動物の皮膚・骨・腱などの結合組織に含まれるコラーゲンに熱を加えて抽出したものです。たんぱく質が主成分となります。

カプセルにはグリセリンも含まれていて、これは天然ヤシ油などから製造される脂質のひとつ。
それに豆腐・乳製品に含まれる乳化剤であるグリセリン脂肪酸エステル。
ミツバチの巣から取られた物質で、これもカプセルに使用されているミツロウ。
そしてビタミンE。これには抗酸化作用、血行促進作用があり、美肌効果も期待できます。

原材料をまとめると——

すっぽん粉末
EPA含有精製魚油
ゼラチン
グリセリン
グリセリン脂肪酸エステル
ミツロウ
ビタミンE

この7つとなります。やはり注目すべきなのはすっぽん粉末でしょう。日常生活では、すっぽん鍋くらいでしか摂取できません。すっぽん鍋など滅多に口にしない人も多いので、大変貴重な成分といえます。

すっぽん小町の口コミをチェックする

-すっぽん小町

Copyright© 『本当に効いた!すっぽん小町の口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.